○旭川市動物愛護センター条例施行規則
          平成24年8月23日規則第49号
        改正
            平成29年3月28日規則第5号
   旭川市動物愛護センター条例施行規則
 (趣旨)
第1条 この規則は,旭川市動物愛護センター条例(平成24年旭川市条例第44号。以下「
 条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。
 (開所時間及び休所日)
第2条 旭川市動物愛護センター(以下「センター」という。)の開所時間及び休所日は
 ,次の各号に定めるとおりとする。ただし,市長が特に必要と認めたときは,開所時間
 及び休所日を臨時に変更し,又は設けることがある。
 (1) 開所時間 午前8時45分から午後5時15分まで
 (2) 休所日 旭川市の休日を定める条例(平成5年旭川市条例第3号)第1条第1項
  各号に定める日
 (引取りの申請)
第3条 センターに動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)第35条第
 1項の規定による犬又は猫の引取りを求めようとする者は,犬又は猫の引取申請書(様
 式第1号)を市長に提出しなければならない。
 (返還の申請)
第4条 センターが引き取り,又は収容した犬又は猫の返還を求めようとする者は,犬又
 は猫の返還申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。
 (手数料の減免申請)
第5条 条例第5条第2項の規定により手数料の減額又は免除を受けようとする者は,犬
 又は猫の手数料減免申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。
 (職員)
第6条 センターに所長を置く。
2 センターに主査,主任その他必要な職員を置くことがある。
 (職務)
第7条 所長は,上司の命を受けてセンターの事務を掌理し,その事務に従事する職員を
 指揮監督する。
2 主査は,上司の命を受けて主査の事務を処理し,その事務に従事する職員を指導監督
 する。
3 主任は,上司の命を受けて担当の事務を処理する。
4 その他の職員は,上司の命を受けて事務に従事する。
 (分掌事務)
第8条 センターは,次の事務を分掌する。
 (1) 動物の愛護の普及啓発に関すること。
 (2) 飼い主に対する指導及び助言に関すること。
 (3) 犬又は猫の引取り,収容,保管等に関すること。
 (4) ねずみ及び衛生害虫の駆除等に関すること。
 (5) 関係機関及び団体との連絡調整に関すること。
 (6) 狂犬病の予防に関すること。
 (7) 畜犬取締り及び野犬掃討に関すること。
 (8) その他センターに関すること。
 (委任)
第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。
   附 則
 この規則は,平成24年9月3日から施行する。
   附 則(平成29年3月28日規則第5号)
 この規則は,平成29年4月1日から施行する。
様式第1号

様式第2号

様式第3号